心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

顎関節症の例の掲示板をみると、歯科医の先生の書き込みから、
軽症、中等度の患者は咬合調整により治ることも多いが
重症例は 何をしても悪化することがおおい。。
簡単に咬合をいじるのはいかなるものか。という書き込みがあった。

私の顎関節症は軽症なのだろうか。
頚椎の捻挫と側湾につきあってあごの関節はいまだにずれてしまっているし
私は生まれつき永久歯が27本しかなくて
上下のかみ合わせが子供のころから違う。

シドニーの治療で咬合は一切調整しなかったけれど
そういった器質的な意味では 決して軽症とはいえないと思う。
顎関節症を かみ合わせからくる 顎関節のずれから全身の不定愁訴が起こるのだ、と
信じてしまっていると 私のケースなど救いようがない。
今度ためしに時間が出来たときに 顎関節症専門の新宿の歯科医に
シドニーで作ったスプリントの調整に行くことになっているのだけれど、
そこでなんといわれるか、とても興味がある。

咬合調整で有名で、患者の駆け込み寺のようになっているその先生は、
私のケースはなんとおっしゃるのだろうか。

More
[PR]
by elly_mylove | 2005-11-20 11:45 | 医療について考えること

顎関節症について

昨日のことだったかな。

本当に久しぶりに、顎関節症の大きなサイトを開いて、掲示板をしばらく覗いてみた。

いつもこの掲示板は、活発といったらいいのか。荒れているといったらいいのか。

人様のサイトの掲示板で、おせっかいは言ってはいけないと思うのだけど、
いつものことながら見るたびに暗澹とさせられるやりとりでいっぱいだった。

いったいどうしてこんなにこの病気の治療は混迷を極めているんだろう。
患者のひとりとして、そう思わずにいられなかった。

More
[PR]
by elly_mylove | 2005-11-18 21:56 | 医療について考えること

初仕事 

この週末は、帰国後初めての仕事を引き受けて、
7年前の事故による怪我以来、本当に久しぶりに社会復帰した気分だった。
今までにも、知人から頼まれてちょっとした文章を書いたり、
シンポジウムに出たり。。といった リハビリ はあったのだけど
本当にプロとして むかしの仕事をしたのは久しぶりで、
しかも、職種としてはほとんどはじめての仕事だったので、なんだか
偉業をなしとげたような気持ちだった。

More
[PR]
by elly_mylove | 2005-11-14 20:21 | 日々のつぶやき

オペラ座の怪人

ちょっと前の話になるのだけど、先週2日の水曜日にサイトの掲示板友達のなおさんと、
劇団四季の オペラ座の怪人を見に行った。

日本でお芝居を見に行くのはもう何年ぶりだったろう!

More
[PR]
by elly_mylove | 2005-11-08 20:16 | 心の片隅に
今日はいつもの点滴の日だったので、主治医のもとに行ってきた。
ベッドに横たわりながら、主治医との会話。

「どう?最近」
「ちょっと痛いかも。。なんだか名古屋に行ったらどっと疲れちゃった。。
ほかにも仕事が入ってて都内を出歩いていたら疲れちゃって、
首に来ました。」
「ぱっとしないの?そろそろあがってきてもいいんだけどなあ。
みんな上がってきてるよ。」
「みんなって?他の患者さん?」
「そうそう。効果あるよ。やっぱり。」
「本当?きゃあ~~~うれしい!」

More
[PR]
by elly_mylove | 2005-11-01 21:37 | マイリハビリ in 日本