心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:医療について考えること( 29 )

最強ドクター

診断に筋肉が抜け落ちているのはなぜか?

今テレビで、最強ドクターという番組を見ています。

最先端の医療を駆使して、目の覚めるような手技でオペを行う天才外科医たちが出てくる番組です。

ちょうど今、まさに人工股関節の手術が終わったところでした。

More
[PR]
by elly_mylove | 2006-12-15 23:21 | 医療について考えること
昨日のサイトがあまりにも面白くて、ずうっと張り付いてしまっています。
BBSでの先生方の過激なこき下ろしも楽しいのですが、創傷治療のページながら、アトピー性皮膚炎の情報が沢山書き込まれていて、重症アトピーの娘を抱える母親としては目が話せないのです。
そんな中、bbsでこんなページを見つけました。

炭酸ガスパックの効果

重症の皮膚炎や、褥瘡の患者さんに炭酸ガスパックを使用したら劇的に効いて、看護婦さんがビンに残ったあまりをわれ先にと顔に塗りつけている。。という情報が・・。

うーん。お肌の曲がり角を当の昔にすぎて曲がりっぱなしになっている私の女心が刺激されてしまいました。
医療現場でこのように病的な皮膚が改善されているのですもの。すごくよさそうです。
思わず楽天市場で買い込んでしまいました。

よろしかったらこちらのリンクをどうぞ。

炭酸ガスパック


お肌つるつるを目指して、痛み仲間みんなできれいになりましょうね。
[PR]
by elly_mylove | 2006-12-08 22:55 | 医療について考えること

新しい腰痛治療

昨日のことですが、ふとしかきっかけでネットサーフィンをしていたら、このサイトを見ました。

新しい創傷治療

有名なHPですから、ご存知の方も多いと思います。わたしも以前見て知ってはいたのですが、かなり大きいサイトなので、くまなく見たのは初めてでした。

お医者さん同士の活発な書き込みに本当にびっくりするとともに、慢性痛にもこんなHPがつくれないものか・・・と考え込んでしまいました。

More
[PR]
by elly_mylove | 2006-12-07 13:41 | 医療について考えること

セルフリハビリ

最近結構精神的に落ち込んでいたので、ちょっと長い時間をかけてセルフリハビリをしていた。
セルフリハビリって、わたしが勝手に名づけたのだけれど、
昔読んだ本を読み返してもう一度気持ちを新たにしてみたり、
運動を心をこめて丁寧にやってみたり、
お薬を整理しながらきちんと飲んだり(やめたものもある)
心身ともに健康になるためのプログラムを自分で組むことである。

昔むかし読んだうつ病の本も、改めて読んでみると新しい発見がある。
結構楽しかった。

More
[PR]
by elly_mylove | 2006-09-30 23:08 | 医療について考えること

正しい診断

先週から、私は皮膚科通いをしています。
実は簡単な手術をしたのです。といっても、
ジジジ・・・とレーザーをかけただけなのだけれど。。。

More
[PR]
by elly_mylove | 2006-03-20 21:18 | 医療について考えること
お正月は主人の実家の広島に帰省して過ごしました。
パソコン接続環境になかったので、ご挨拶が遅れましたが、
本年もよろしくお願いいたします。

More
[PR]
by elly_mylove | 2006-01-03 21:16 | 医療について考えること
昨日の日記で、抗うつ薬のドラッグチャレンジテストについて書いたのだけれど、このオーストラリアの服薬のシステムでもうひとつ、これは日本には無いなあ。。と思うものがある。
これもちょっと書いておこうかしら。

More
[PR]
by elly_mylove | 2005-12-28 20:47 | 医療について考えること
先日の日記や、メインサイトの掲示板で、
抗うつ薬について、私はそんなに怖がらずに飲んでみてもいいのではないかしら。と
威勢よくかいたのだけれども、
今自分の治療歴を振り返ってみたときに、
実ははじめから抗うつ薬がうまくヒットしたわけではない、ということに気がついた。

私は今までに5種類の抗うつ薬を飲んできたけれど、
今振り返ってみて、副作用に耐えてまともに長期間飲めて、かつ痛みに効いたお薬は
2種類しかない。
しかも、その2種類のお薬も、飲んで効果を引き出すことが出来たのは、
ひとえにオーストラリアの主治医のもとで受けた服薬指導によるものではないか。と思う。

掲示板で、赤の他人でかつ素人の私が、言葉足らずに、大丈夫ですよ、
きっと効くから飲んでみたら。。といってみても、
ひとりひとりの患者さんに主治医からの正しい指導が入らなければ、
きっとうまくいかないのだろうと思う。

私が受けた服薬のトレーニングは、日本では行われないものだ。
その辺を今日は書いてみようかな、と思う。

More
[PR]
by elly_mylove | 2005-12-26 23:42 | 医療について考えること

内科にて

今日は朝早くから健康診断の日だった。

内視鏡に心電図、肺のレントゲンに血液検査。
しばらく前から胃腸の具合がよくなかくて内科を受診したところ、10年に一度くらい
胃の中ちゃんと見てみたら?といわれているうちに、なぜか沢山検査をすることになってしまった。

胃の検査はともかく肺のレントゲンや心電図は別にやりたくはなかったのだけど、
あれこれ言われているうちに面倒になってしまって
ハイハイ、といわれる検査をみなしてしまった。
結果、いくつか糜爛があって、切り取ってもらって胃炎ですね、といわれただけで
どこも悪くはなかったから、よかったといえばよかったのだけど。。。

More
[PR]
by elly_mylove | 2005-12-14 18:02 | 医療について考えること
debate練習
いつもお世話になっている加茂先生のブログにトラックバック。
というより、先生は私のコメントを引用してdebateをブログでやっていらしたのだ。
よくうちの掲示板でもネタをひろいにこられるけれど、私がコメントをつけるとこうやって丁寧に答えてくださる。
特にヘルニア関連の話題は、先生のお医者さまとしての20年以上のキャリアをかけた信念でいらっしゃるのだろう、と思われる。
お医者さんとしては異端とも思われる理論をずうっと持ち続けて、主張していらっしゃって、その理論と実践に基づく臨床は沢山の患者さんを救っていらっしゃるから、先生の石川県のクリニックには全国から患者さんが入院に来られる。
うちの掲示板からも何人の患者さんが先生のもとを訪れただろうか。
この間名古屋のシンポジウムで実際にお会いして以来、私は本当に先生の大ファンなのだけれど、先生のブログの中のヘルニアの矛盾だけは正直よくわからない。
サイトを開くにあたって、素人で出来る範囲の医学的なお勉強はしたつもりだから、先生のおっしゃるヘルニアの痛みであるといわれている神経根性疼痛というものが痛みの生理学に矛盾していることだけはわかっているのだけど、現実にある痛みを、だったらどう説明をつけるのか、というところがよくわからないのだった。

more
[PR]
by elly_mylove | 2005-12-03 14:28 | 医療について考えること