心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:マイリハビリ in シドニー( 5 )

トリプトファン

今日は点滴の日。
クリニックにいったら、トリプトファンが薬局で分包になっていて、はじめてもらってきた。
最初の週は2グラムから始めて、最終的に6グラムに増やすという。
白い粉薬のようなもので、何かに溶かして飲むのだけれど、
いっぺんには飲めなくてちびちびと飲むのがおなかに優しいらしい。。

効くといいのだけれど。。

More
[PR]
by elly_mylove | 2005-08-02 22:27 | マイリハビリ in シドニー

シドニーの名医

今日はハリの日だった。

b0014416_22305527.jpg昨日のフィジオセラピストのベンといい、今日のハリの先生といい、シドニーで出会ったセラピストは皆ダンディでハンサムで優しくていい男なのだ。今日のハリの先生は、すごくシドニーでは有名な先生。シドニーだけではなくて、国際的に活躍している。毎年カリブ海のリゾートにお呼ばれして、ハリウッドのセレブやお忍びできた王室の殿下、妃殿下たちにも治療をほどこすという、腕のいい名医なのである。最初にこの先生にかかったとき、あまりに上手なので、感激で、どうして日本人でこんな上手な先生が日本をあとにしてこちらに移民してしまうのだろうと悲しかったものだ。奥様が美人のニュージーランダーだから仕方がないのだが。写真のとおり、とてもハンサムで178センチもあって、スラリと癒し系の男の人なのだ。フィジオのベンはちょっと私には若いけれど、この先生は同じ年くらいかな。b0014416_22363233.jpg彼の治療は脈をとりながら全身にハリを打ってくれる、いわゆる経絡治療。この3年間ずっとかかっていたわけではないのだけれど、最近帰国が近くなってから、もう2度とこんな上手な先生には会えないかもしれないから少しつめて通ってみようか、と行き始めた。はじめて2月ほどかな?よくなっているよ、といわれるのだけれど自分ではわからない。今日は風邪気味で、のどがまだすっきりしない、といったら、足にハリを打ってくれた。のどのツボは足にあるそうな・・・。b0014416_22413431.jpgこの先生はシドニーのマダムに大変人気がある。ご覧のとおり、治療はほとんど裸になってしまうので、聞くところによると、みんな通うときには下着に気を使って、「わたしなんか勝負パンツで行くのよ。」などと言っている奥様もいらっしゃった。恥ずかしすぎ・・・。オージーのマダムも、なんとなく甘い声で、「ハーイ、ヒデシ!」なんていってるような気がする。わたしは日本人同士なので、ヒデシ、なんて呼べないけど、日本人風の、先生、でもなくて、オーストラリア風にカジュアルに、「せ~んせっ♪」と呼ぶ。
素敵なセラピストに囲まれて、信頼できるドクターに診療してもらい、海と青い空の下に4年も暮らしたら、どんな病気も治ろうというものだ。
病はやっぱり、かなりの部分は気から、なのかもしれない。
[PR]
by elly_mylove | 2004-09-25 22:49 | マイリハビリ in シドニー

私のトムクルーズ

b0014416_2044558.jpgみなさんこんにちは!
今日は久しぶりにリハビリセンターに行って、フィジオセラピストのベンの顔を見にいった。
メインサイトの闘病記に彼の顔を入れたので、ノートパソコンをもって見せにいったのだ。
相変わらずいい男だった★ 
チャイニーズなのだけど、すっきりと背が高くて、身のこなしがいかにもスポーツマンで、優しい。いつもリハビリのとき力強くマッサージしてくれたり、ストレッチを手伝ってくれたりしてすごく頼りになる。
彼にべったりと頼りきってリハビリをしていたのは、もう数年前のことになるけれど、そのころは大きな声ではいえないけれど、ほとんど恋していた・・・。
あと15歳若かったらなぁ。なんて思っていたのだ。

オーストラリアのフィジオセラピストは、日本でいう理学療法士?だろうか。
病院ではなくて、たいていスポーツセンターで独立開業している。
彼のクリニックもスポーツ施設の中にあって、診療室には、有名なスポーツ選手の写真とサインでいっぱい。僕を競技に復活させてくれてありがとう、なんて英語でサインしてある。
日本のリハビリセンターというと、大きな病院の中の、薬くさいお部屋の片隅で、白衣を着たお兄さんと、お年寄りがなんだかくらーく体操をやっているイメージがあるけど、ここのスポーツセンターはそもそもミュージックががんがんかかっていて明るいし、セラピストは私服だし、ベッドはきれいだし、リハビリのお部屋もスポーツ施設で若者と一緒だし、おじいちゃんおばあちゃんもすごく明るくて、通っていて楽しかった。オーストラリアはこんな施設まで明るいのだ。

テニスが出来るほど元気にしてくれて、なんとお礼を行ったらいいかわからない。
もう数ヶ月で、彼とも会えなくなるなんて悲しすぎる・・・・。
記念に、今日はほっぺたにキスしてきました。

おばさんのキスなのに、うれしいよ、といってくれて、どこまでも優しかった。
やっぱり、ハンサムで素敵なセラピストだと、治りもいいわよね♪
[PR]
by elly_mylove | 2004-09-24 20:16 | マイリハビリ in シドニー
みなさんこんにちは!

私のメインサイトは、慢性疼痛の闘病記と情報を扱った一種の医療サイトなんですが、お客さんのほとんどは最近ヘルニアの方で、(まだ検索エンジンに登録されていないので、ヘルニアの掲示板からお友達が来ているため)リハビリってよーく話題になるんですよね。

ということで、今日はエキブロ総合病院にトラックバック、首凝り、肩こりのリハビリです。
b0014416_17551679.jpg

なにしろわたしは首凝り、肩こりは自慢じゃないけど、大家です。
むち打ちの後遺症で、なんてたって、頚椎ヘルニアを2つ、頚椎は側湾してしまい、
顎関節を損傷、というご立派な疾患を抱えているので、もう半端じゃありません。
いったん肩こりが始まると、日常生活が出来ないほどのひどさ・・・。
でも、こんな私でも、何年もリハビリしてよくなりましたよ。だから、一番大切なのは、
肩こりを甘く見ず、これは一種の病気だ、と判断してリハビリをやることです。

だって、腰痛だと、ヘルニアかしら、すべり症かしら、と思ってみんなお医者さんいくでしょ?肩こりだって同じです。ひどくすると頚椎ヘルニアまっしぐら。なめちゃいけません。

結論からいうと、あれこれ試した私が一番いいと思うのは、地道に運動とストレッチです。それもちょっとコツがあって、普段肩甲骨の内側の筋肉に重点を起きます。天使の羽が生える辺りの筋肉ですね。肩こりの人は、みんなこの筋肉が固いです。頚椎ヘルニアで一番先に痛みが出るのもここです。

この筋肉は普段、手を持ち上げるときに使います。それも運動とかで使うというより、パソコンみたいに長く手を同じ位置に維持しておくときに酷使します。負担がかかっていますよ・・・。
普段はそういう負担をへらす努力をして休ませてあげて、PCのときもなるべくデスクの上に手をおいたり、手首レストをつかって手を持ち上げなくてもいいようにして、可愛がる。
そして、リハビリのときに、ストレッチと、ウォーキングなどのエアロビクスで軟らかくしたあと、壁たてふせ(壁に手をついてやる腕立て伏せ)などで少しずつ鍛えます。時間がかかるけど、運動で筋肉を鍛えるのが一番です。

b0014416_17531523.jpg私がジムでオススメなのはこのマシン。
ふかふかとジョギングが出来るマシンで、膝や腰に負担がかからずジョグできるので、ただ歩くベルトのマシンよりおすすめ。ヘルニア向きです。

こちらのお嬢さんは本なんか読みながら涼しい顔してやっているけど、実はこれ後ろ歩きしていて、このリバースモーションすごい疲れるんです。だから、平然とこなしている彼女の体力は本当はすごいの。オージーって、体力あるから・・。

そしてもうひとつのオススメはこのストレッチマシン。b0014416_1756397.jpg
日本のジムにあるかしら・・・。
体全体を満遍なくストレッチできるので、もし見かけたら肩こりさんもヘルニアさんもやってみてね。
この背中を伸ばす姿勢をとると、肩こりさんやヘルニアさんは、肩甲骨の内側が最初は焼けるような激痛です。
でも、繰り返しているうちに絶対よくなってきます。

なんてったって、リハビリ、リハビリ。
メインサイトから来たヘルニア患者さんも、エキブロからみに来た肩こりさんも、
一緒に汗を流しましょう。

ところで、純情先生も、ちょうどジムのブログ書いています。みんな行ってみてね!!

********【関連記事は こちらへ】*********
エキブロ総合病院(http://exhospital.exblog.jp/)
首こり・肩こり
***************************
[PR]
by elly_mylove | 2004-09-10 18:00 | マイリハビリ in シドニー

昼下がりのテニスクラブ

心と体の痛みのお部屋  管理人エリーのマイリハビリ in シドニー
b0014416_18545632.gif今日は月曜日。週に1度のテニスクラブのソーシャルゲームの日だった。
ソーシャルゲーム、というのは、日本語でいうと何だろう。練習試合?10時から12時半まで、クラブに集まったおば様たちがコーチに適当に決められたペアとダブルスを組んで和やかにゲームを楽しむ、という催し。
1回5ドルカプチーノつき、というほとんどタダみたいな値段なのでとても人気のある催しである。(写真は私ではありません。念のため。真冬のシドニーで私はこんな寒い格好はできないのだ。白人って暑がりなのです。)

日本でテニスをするのって、コートを取るのも市役所の抽選会に行ったりして大変だし、お金もかかるし、なんだか人間関係も大変そうだし、もうよっぽど好きで上手じゃないとできないか、とても高いレッスンを受けないと出来ないような気がして何年もやっていなかったのだけれどシドニーに来て、体がだんだんよくなった去年からはじめた。

もう一生テニスなんて出来ない、と思い込んでいたので、はじめたばかりのころはとても嬉しかったなぁ。コーチに、私むち打ちの後遺症でヘルニアがあるんです、無理できないので休み休みやります、なんていってたのだけど、いざはじめたら、試合の途中で抜けるわけにも行かないので、最初は結構つらかった。
今年前半は病気が再発してしまって、最近まであまりよくなかったので、無理はできないのだけどなんとか今は楽しくやれている。
心の病気も体の病気も、リハビリに運動って大切だと思う。

首の病気は、本当は左右対称のスポーツをやりなさい、といわれているのでテニスは本来はあまりよくないのだ。
でも、主治医のDrサンドラは、あなたが楽しいと思えるスポーツをやりなさい、といって
特別に?許してくれた。
b0014416_1953193.jpgこころを癒すってことが、背骨をまっすぐにするのと同じように大事だから、と彼女はいう。
確かに、ここで知り合った友人たちにとても救われた。過呼吸の発作が起きたときなど、家族より頼りになった。外国暮らしだから、身内がいなくて言葉が不自由な分、困ったときには友達が頼りなのだもの。(写真の中に筆者はいません。念のため。ネットなので、一応匿名を守りたいと思います。)


b0014416_19125445.jpgこの写真はコーチのジェイ。一番おしゃれでハンサムなのでマダムたちに人気がある。

b0014416_18581316.jpg
ママがテニスしている間おとなしく待っている男の子。

昼下がりのテニスコート。寝たきりのころから比べると、随分良くなったな、とささやかな幸せを感じました。これからも、お薬は飲まなければいけないし、何度も再発はあるかもしれないけれど、この病気とは何とか付き合っていけるかな、と思っています。

さて、管理人の私から皆様にささやかなお願い。サイトをごらんになったら、できればいくつかグーグルの広告をクリックしていただけますか?
お気づきと思いますが、このサイトの、goodbye-pain、というのはオリジナルドメインで、サーバーも有料なので、私のお家は維持するのにお金がかかるのです。無料スペースで本当はやりたかったのですが、アクセスが外国からなので、込んでいるサーバーだと時間帯によってなかなか表示されないので、思い切って投資してしまいました。サイト維持にグーグルクリックのご協力をお願いいたします。

それではまた。
[PR]
by elly_mylove | 2004-08-23 19:26 | マイリハビリ in シドニー