心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

証拠写真

胸鎖乳突筋

加茂先生が載せてくださった写真。
一応ここにもアップしてみますね。
b0014416_21174194.jpg


この写真は、わたしがHPを作ったころ。
シドニーで取った写真です。
左側の肩が持ち上がってて、首がちょっと腫れてる?のがわかるでしょうか。
事故で頚椎をいためてから、左にどんどん傾いていく首が痛くて痛くて、
体の重心はとれないわ、歩くのもよろよろするわ、吐き気はするわ、手はしびれるわ、不安と恐怖で過呼吸にはなるわ、あごははずれて口が開かなくなるわ、一時期は医療機関のジプシーのようでした。

筋肉の障害って、本当につらいものです。

わたしもお金をたくさん使いました。


でも、このまま。この写真の状態のまま、外見(構造)はなにひとつ治らずに、オーストラリアで薬物療法(抗うつ薬)と、認知行動療法と、それからリハビリの運動をして、とってもよくなって、
あきらめていたテニスも出来るようになったし、自分のこの経験をみんなに知ってもらいたくて、ひどい肩こりでさわることも出来なかったパソコンで大きなHPをつくることも出来るようになりました。
素晴らしい経験でした。

痛みが100%とれてまっさらな状態になったかというと、それはちょっと言いすぎです。

自発痛はないことのほうが多いけど、ちょっとした動作痛や姿勢による痛みはいつもあります。
生理のときなんかちょっとつらいこともあります。
でも、痛みにはもう負けてないです。

痛みがきっかけで作ったHPのおかげで、沢山の人と本当にいいお友達になって、
素晴らしい先生にもめぐり合って、
痛みがあっても仕事にも復帰できて、わたしは今HAPPYです。


以前よりずっとHAPPYです。

このブログを読んでくださっている、現在進行形で痛みがひどい方たち。。
どうしてわたしが・・って悲しんでいる人たち。

今は信じられないかもしれないけど、こういう日はきっと来るよ!

ヘルニアも顎関節症も側彎も、レントゲン状は何一つ治らないままHAPPYになることは可能です。

だから希望を持ってくださいね。
[PR]
by elly_mylove | 2007-03-07 21:41 | 痛みについて