心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

希望

私、もっとずっとよくなるかもしれないなあ。

この間から、一筋の希望が見えてきました。

年末に思い切って小松に行って、
加茂先生に、
「治療すれば、よくなるよ。」といわれてから、

急展開で福岡に行って岸川先生に診てもらったり、なんとなく先生方から筋肉の治療をすればよくなる。といわれているうちにその気になって、
先週から 加茂整形外科医院のリンクをたどって鍼の先生に行くようになりました。

うちからすぐ近くの治療院。
千葉県流山市にある feel の 野崎先生のオフィスです。
野崎先生やしばらく前から、掲示板にも書き込んでくださっているのだけれど、今私は、先生との出会いには運命を感じています。






HPを見ていただければわかるのですが、野崎先生は、筋肉の治療を熱心にやっていらっしゃる鍼の先生です。
鍼にもいろいろあって、経絡の流れに沿って鍼をうって全身の状態をよくするやり方とか、まあそれぞれ専門というか、得意技があるそうですが、野崎先生は筋肉にあるトリガーポイントを刺激して慢性痛を退治することに命をかけていらっしゃるそうです。

あらかじめ私のHPをご覧になってくださっていたので、症状の説明は最小限で済んだのですが、私の首から肩、背中、腕にかけてのすべての筋肉を丹念にみてくださり、ひとつひとつ硬くなっているところを見つけては鍼をうち、その後マッサージをする。という徹底的な治療をしてくださり、とくに首に関してはたった1回でものすごく楽になりました。

私は、もともとピアノが原因のかなりひどい頸肩腕症候群が持病にあって、その上事故で頚椎捻挫をやったおかげで頑固な慢性痛になってしまったのです。
ピアノを弾いたり、パソコンをつかったりするときに肩甲骨の裏側の腕を持ち上げるために緊張するのですが、その筋肉が慢性的に凝って痛い。
そえから、腕の付け根。鎖骨の前に圧痛点があって、夜寝て起きたときによくしびれて感覚が麻痺したり、
ジムで運動をすると、ほかのところはぽかぽかしているのに指先だけ氷のように冷えていたりと、首、肩、腕、手、指先にたくさんの不定愁訴がありました。


お薬がよく効くので、普段痛みに沈み込んだりはしなくて済んでいますが、
それでも治療をして、よくなった。。と感じられるというのは、具体的には筋肉がやわらかくなって首や肩の可動域が広がったということなんですね。
なんだか亀の首のように甲羅の中に縮こまっていたように硬かった首が、回るようになってきて、それにつれて背中の筋肉もやわらかくなって、肩甲骨が広がってきた感じ。といったらいいでしょうか。すぐ氷のようになってしまう指先も、心なしか暖かくなってきました。

先生の治療は、トリガーポイントを探してわざわざいたいところに打つ針なので、普通の鍼の先生よりはずっと痛いです。
その後のマッサージも割と痛い。
でも、2,3日すると確実に組織が生まれ変わったようになっているのを感じて、この年齢になっても、古傷であっても治療したら治るんだなあ。と新鮮でした。

なんだか、去年の年末からどんどんいい先生に見てもらうことができて、
あきらめてとても仲良くつきあってきた慢性疼痛も、どんどんよくなっています。

うれしいなあ・・。
[PR]
by elly_mylove | 2007-01-31 20:33 | 痛みについて