心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

整体師志願 トリガーポイントマッサージ

1週間ほど前のことになるかなあ。
ジム仲間でときどきブログにコメントをくださるミミさんに、マッサージをしてあげたのだ!(^^)!
ミミさんは、今坐骨神経痛といったらいいのか、梨状神経痛といったらいいのか、いわゆるお尻から下肢の痛みに悩んでいて、しばらく前から大好きなヨガやエアロができない・・と悩んでいたのだった。
わたしはマッサージや整体の資格があるわけじゃないけれど、自分が長く慢性痛の患者だから、筋肉の故障がよくわかる。
前から、トリガーポイントって、きっと典型的な患者さんがいたら私にも触診できるんじゃないか?と興味があったので、絶好のチャンス!!と思って治療(!?)というか、触らせてもらった!!



あった。わかった。トリガーポイントと圧痛点。
筋肉の特徴的な硬結。
お尻から太ももにかけての筋肉にいくつかと、太ももの前面の筋肉の、とくにひざのすぐ上あたりにこりこりといったらいいか。バキバキといったらいいか。とっても張っていて、押すと飛び上がるようなジャンプサインのあるいた~い場所。
目をつぶって触っていくと、きっとこれがそうだ、と思われるような硬さのポイントがいくつかあって、「ここ?」と押すたびに「いた~い!」と反応する。
わあ、絵に描いたような症状だなあ。と思って、
私はもちろん局所麻酔とか鍼の治療とかはできないから、ゆっくりと時間をかけてマッサージをしてあげた。
長い時間をかけてほぐしてあげると、かなり楽になったみたいで、少しストレッチができるようになった。
「明日もみ返しがくるかもよ?」と言って、お風呂であたためてから帰ってね。といって、
治りますように。とお祈りして終わり。

これでよくなるといいんだけど。

ミミさんもやはり、ついこの間MRIを撮られたらしいのだけど、筋肉の触診って、やろうと思えば素人でも難しくない。整形のお医者さんなら、きっとその気になればとても上手にできるだろうと思う。これが腰痛や下肢痛の本態だとしたら、確かにもっと有名になるべきだと思う。
お医者さんが、これにもっと注目してくれたら、と確かに思う。

患者のキャリアが長いからかなあ。治療を受ける側になって長いからかしら。
私結構上手だったと思うんだけど(笑)
あと10歳若かったら、鍼の学校に行ってみたいくらい。

人を癒す側にまわるって結構気持ちがいいと思った。
[PR]
by elly_mylove | 2006-11-29 21:44 | 痛みについて