心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

少し元気になったかなあ。

前回の日記を書いてから、とても精神的に落ち込んでしまって全然日記を書く心境にはなれなかったのだけれど、今日あたりからまた復帰しないと・・と思って自分を見つめてみることにした。
生きていくって結構大変なことだなあ。
日本の社会って厳しいなあ。としみじみ思うような出来事だった。



そもそもきっかけになった仕事の失敗というのは、披露宴でわたしが新婦の名前を間違えてしまったことだった。
披露宴というのは、司会者のこんなアナウンスで始まる。

「ただいまから、○○家、××家の結婚披露宴を開催させていただきます・・・。」

その日はいつものようにそんな風に披露宴が始まって、一見何事もないかのように進んだのだったが・・・。

花嫁の苗字は、江崎さんと書いて、わたしはえざきさんだとおもっていたのだけれども、実はえさきさんだったのだった。
ホテル側の宴会キャプテンがそれにすぐ気がついて、指摘されて、新婦のところに誤りにいったので大きなクレームにはならなかったのだ。だけれどもこれは本来ならとても大きなミスで、宴会キャプテンの性格的なものもあって後からとても大きな騒ぎになってしまった。

そもそも、そのカップルはちょっと特殊なカップルで、披露宴をお嫁さんのふるさとと新郎がすむ東京の2回やることになっていた。東京でやる披露宴はお嫁さんは自分のお友達や知り合いはひとりも来ない。新郎のほうは、勤めている会社の社長と親戚がくるだけで、あとは親族のみのかなり小さなご披露宴。そんな小さいものでもうちわではなくてホテルでやるところがお金持ちのおうちらしい、とわかるところなのだが、とにかくそんなわけで、新郎新婦はほとんど披露宴には興味がなくて、わたしはずっとお姑さんと打ち合わせをしていたのだ。

で、そのお姑さんが・・・・。
わたしが、
「えき ようこさんでよろしいですか?」と聞いたところ、
「はい、そうでございますの。。」と涼しい顔をしていってくれたのだった。
さらに、披露宴でこのまま読みますので、訂正、削除があったらご連絡ください、とプロフィールの原稿を送って、それにも えざき と書かれていたのに、(わたしに送ってね、といわれてお姑さんに送ったのだ)訂正がなかった。。。。という、なんとも運の悪い、こんなことって世の中にあるのか・・・・という運びだった。

問題が大きくなってしまったのは、わたしが、
「ええっそんな馬鹿な!ちゃんと確認しました!!」と
起こった出来事が受け止められずに、あまりにも驚いていいわけというか、そういうことをホテル側の担当者にいってしまったことだった。
本番の宴会キャプテンはもちろん、わたしの所属事務所の社長も、関係者一同、打ち合わせはお姑さんとしていた、なんて細かいことは知らないし(本番中だったので、話あうような暇はなかった)、自分の名前を間違える人間なんているわけないじゃないか。とたいそう怒っていて、
所属事務所の社長などは、
「大体、海外帰りの人間は自己主張が強くて生意気なんだ。」と決め付けていて、
ほとんど人格の否定をあちこちからされてしまったというわけで・・・・。
事務所の社長とは、数回しかあったことがない。でも、海外から帰ってきたばかり。。というプロフィールは最初からいろいろと偏見を受けていわれていて、居心地が悪かった。
一度思い込んだら絶対に訂正しない60近い頑固親父だから、仕方ない。

オーストラリアボケかなあ。
仕事のブランクがいけないのかなあ。
ちょっと年齢的なものもあるかしら。

最近世渡りというか、一瞬の判断力みたいなものが鈍くなっていて、こういう類の仕事の失敗というか、ちょっとした摩擦が多い。
はじめたばかりの仕事だから、まだ要領がわからないせいもあるけれど、
たとえば、わたしは確かにオーストラリアのあの緑いっぱいの中で行われるリラックスしたガーデンウェディングをいつも見ていたから、日本の結婚式の異様な緊張ぶりがどうも肌にあわないところがあって、
「それくらいでどうして目くじらたてるのかなあ。」とか、
「どうしてそんな小さなことで怒鳴ったり怒ったりしているんだろう。」とか、
「下請けだからって、挨拶もしないとか、どうしてそんな態度がとれるんだろう。。。」とか、

日本社会の異様な緊張ぶりに慣れなくて、リバースカルチャーショックで悲しくなることが多かった。

この仕事をはじめてから、ずっと飲んでいなかった抗うつ薬を、もし痛みが再発したら本番に差し支えるから。。と飲み始め、さらに本番の前や前日には抗不安薬を飲み、睡眠薬を、本番前・・・だけのつもりが、毎晩の服用になってしまった。
ずっとドラッグフリーだったのに。。
命を削ってやっているなあ。としみじみ思う。

やっぱりやめたほうがいいかなあ。
とりあえず、疲れたから休みます、といって今予約を入れてしまった仕事以外は入れないことにしてしまった。
あと数本入ってはいるけれど、それをこなせば数ヶ月お休みである。

来年になったら、やめますってご挨拶に行くかなあ。と思っている。
[PR]
by elly_mylove | 2006-09-17 19:00 | 日々のつぶやき