心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マイ天気予報

今年は本当に雨が多い。
天気予報によると関東地方は明日も午後から雨だそうだ。
明日は日柄がいいので、ご披露宴のお仕事が入っているというのに、
可愛らしいカップルが降られてしまうのは本当に気の毒・・・だと思うのだけれども、
私の体で行うマイ天気予報の感触ではそんなに悪くない。とも思っている。
明日いっぱいくらい、もつんじゃないかしら。
本番はお昼だから、きっと夕方まで持つだろう。
花嫁は多分、真っ白なドレスの写真を新緑のお庭の中で撮れると思う。



鞭打ちの後遺症に苦しむ人はたいていいうことなのだけれども、私も天気が崩れるときは首の調子でちゃんとわかる。
最近はそれでもずいぶんと気にならなくなったけれど、昔、怪我の痛みがひどかったころは
ちょっとでも低気圧が来ると、首や顎が苦しくてたまらなくなるのですぐにわかったものだった。
上半身、頭の重みを支える部分にまつわりつくような不快感があったというか、とにかく頭が重くて重くてしかたなかった。

気圧が高いと、(つまり天気がいいと)首を支える空気がコルセット効果をより大きく果たしてくれるのかしら?空気の層が厚いと気圧が高いということなのだから、つまり首を支える空気コルセットが分厚いので、頭の重みが少し楽になるからかなあ?なんて、素人考えながら思ったものだ。なんの科学的根拠ももちろんないけれど、この感覚は鞭打ち経験者ならわかってくれると思う。
そんなばかな、と思われるかもしれないけれど、ひどく鞭打ちをやってしまうと、本当に、わずか数グラムのネックレスやピアスがつけられない。エプロンも重い。ジャンパースカートやワンピースも重い。首にかかってくる頭と腕の重みのほかの、ほんのささいな重みが耐えられなくなっていて、リュックサックが背負えたり、ショルダーバッグがもてるようになる日はいつ来るだろう。。ととても不安だった。
そういえば、マイクも重くてとてももてなくて、もう2度と仕事は出来ないだろうと思っていたのだ!8年を過ぎて、こうして出来るようになったではないか。今思い出した。

治っていくとか、忘れていくとか、癒されていくとか、和解していくとか。。
いい言葉だと思う。
歳月って偉大だなあ。としみじみ思う。

私のサイトに来る人は、病人だったり、怪我人だったり、とにかく不安でいっぱいになって必死にネットで検索してくる人が多い。いつもいつも、繰り返し伝えているメッセージだけれども、
完全に元の体には戻らなくても、自分の今ある心と体に折り合って、なんとか円満に過ごせるときがきっと来るから心配しないで、とあらためて言ってあげたい。
多少いたくっても、ちょっとくらい病気があっても、人は幸せに過ごせるのだ。

信じてくださいね!
[PR]
by elly_mylove | 2006-05-27 00:05 | 日々のつぶやき