心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

局所麻酔@精神科

ようやく連休がおわって一息やっと付くことが出来ました。
春から初夏にかけて、結婚式には最適シーズンなので、お仕事が忙しくて忙しくて、
倒れる寸前。。まで働いた感じの連休でした。
もうちょっと慣れればもっと力が抜けて、体も心も自然体で出来るのだと思いますが、
まだまだ緊張気味。

ところで、連休あけに、あまりの痛みで涙ぽろぽろ状態になった私をみて、
たまたま薬を取りに行ったときに主治医が見かねて局所麻酔を打ってくれました。
整形外科医でも、麻酔科医でもなく、精神科のお医者さんなのですが、
とっても器用で感激しました。




劇的に楽になりました。

打った場所は、いつも痛みがひどい顎のすぐ下。耳の付け根。お薬は在庫があんまりないから、4箇所限定だよ。といわれて、一番痛いところをリクエストしました。
即効楽になってびっくり。加茂先生がよく患者さんにやっていらっしゃる手技ですが、私はほとんどほかのお医者さんで受けたことがなかったのです。
口の中の痛みがひどくて、舌や頬がぴりぴりして、これはどこから来るのだろう、やっぱり額関節症かなあ。それとも歯が悪いのかしら。緊張による食いしばりから来るんだろうな、と悩んでいたのですが、耳の付け根の筋肉に麻酔をしたらずいぶん楽になりました。
筋肉痛って、あちこちに関連痛を起こすのですね。痛みを感じる神経って、結構いい加減で、
痛いと思うところからちょっと離れたところを刺激すると反応したりするのは鍼の治療で経験したことがあるのですけれど、麻酔の注射は鍼の治療より深くさすせいか、かなり効果がありました。
お薬は、キシロカインとノイロトロピンのミックスで
主治医はそれにビタミンB12をちょっと混ぜるのだそうです。

それから帰宅して、アセトアミノフェンをこのたびちょっと大目に飲んだら、一日で相当よくなって、今日はもう元気になっています。
仕事疲れで連休の後半は、首や顔や顎の痛みでぐったりしていた私ですが、がんばって買い物にも行くことができました。

ああ、器用で頭のやわらかい主治医に感謝。
この注射、以前は主治医のクリニックでも腰痛患者さんにしょっちゅうやっていたそうですが、今このクリニックはものすごく混んでいるので、もうほとんどやらないのだそうです。
圧痛点を探すのにちょっと時間がかかるから。。

場所さえわかれば、別に技術もいらなさそう(失礼!)だから、近所の内科でも小児科でも出来そうだけれど、こんなことでも気軽に頼めるお医者さんってなかなかいないのですよね。
主治医のオフィスは常に予約で、そんなに簡単にいけないので、
こんなに効くものなら、近所のお医者さんに頼めないものかしら。
図を見せていってみても、ダメかしら。。
ほかの先生に、お薬私が買い取るから常備してくださいって言えない物かしら。
と考え込んでしまいました。

日本ではかかりつけ医のGP制度がないですし、お医者さんってやっぱりオーストラリアより距離がある存在なので、美容師さんみたいに、あれしてこれして、ああしてくださいって頼めないから不便ですね。

顎関節症や、顔面の痛みでお悩みの皆様。鞭打ちの後遺症でお悩みの皆様。
近所に仲良しのお医者様がいらっしゃったら、頼んでみてください。
痛みが取れる保証はないけど、技術料は気の毒なくらい安かったので、試してみる価値ありです!
[PR]
by elly_mylove | 2006-05-10 21:50 | 日々のつぶやき