心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

寝不足のオリンピック 国力についての考察

毎日のように夜更かししたり、真夜中に起きたりしてオリンピックの応援をする日々。
体調不良はこのせいもあるかしらん。
今日はとうとう目玉の女子フィギアのショートプログラムがあったので、
もう熱血で応援してしまった。
荒川選手が3位につけていてうれしいけれど、ミキティはちょっとさえなかったなあ。



今回のオリンピックは日本勢、まだひとつもメダルが取れていなくて残念な結果となっている。
それについていろいろ言う人がいるけれど、私は冬季オリンピックについては、日本の長く続く不況の影響が色濃くあるような気がしてならなかった。

冬季オリンピック種目はみんなお金がかかるからだ。
身にしみてしっているのは、娘がかつて4才から8才まで4年間、フィギアをやっていたからなのだった。

はじめたばかりのころは、幼稚園児が通う週1回の団体クラスの普通のお稽古事だったのだが、だんだん月日を重ねるにつけ、団体レッスンでは身につけられる技術が限られてくることに気がついて、個人レッスンでコーチにつくようになった。
フィギアについて、案外知られていないことなのかもしれないけれど、アクセルジャンプやシットスピンなどの筋力のいる大技を別にすると、単純なスピンも、1回転半ほどのジャンプも、基本のステップもスパイラルも、熱心に練習させると5,6歳で技術が完成する。
たとえばピアノなどのお稽古事は、5,6歳ではほとんどの子供がせいぜい簡単な童謡が弾けるくらい(中にはソナタをバリバリ弾く天才もいるけれど)なのに比べると、フィギアスケートはずいぶん効率のいいお稽古事で、幼稚園児でも熱心な親御さんの子供たちは、華麗にすべることもできれば、大会に出てシングルで演技することもできた。
秋篠宮のお嬢さんがダイエーカップに出ていたのは有名だけれど、小学生でも大会はとっても見ごたえがある。
うちの娘は、運動神経もそれなり、親の財力も限られていたので、大会には出たことがないのだけれども、リンクで一緒に練習していた幼い子供の中には、将来の日本を背負うんだろうな。。と思うようなお嬢さんたちが確かにいたものだった。

ところが、シドニーから帰国してびっくり。娘がかつて練習をしていたリンクは、つぶれてしまっていたのだ。オリンピック選手や、NHK杯の常連などを輩出していたかなり大きなリンクだったのに。。氷を維持するのは莫大な経費がかかるので、経営不振だったダイエーの一部にあったリンクは廃止されていたのだった。

もう何年も前に、品川プリンスホテルのリンクはやはり潰れてしまって、今は水族館になっている。千葉にいくつかあったリンクは全部潰れて、後楽園のリンクも廃止。今首都圏にはほとんどリンクがない。フィギアは伊藤みどりちゃんがいた名古屋が名門で、有力選手はミキティをはじめほとんど名古屋出身なのだけれども、氷の維持が土地の高い東京ではできない、という財政事情もあるのだった。

不況で選手の層が薄くなってしまったのも確かだと思う。
フィギアは個人レッスンの月謝はもちろん、あの靴が高い。一足10万円近い靴を成長期の子供に次々と買い与えたり、毎日リンクに通える定期券を買ってみたり。。
試合に出るともなればプログラムを作る人にお礼を包み、ピアニストにお礼をし、衣装を作ってくれる人にお礼をし、地方遠征であればコーチにまで出張旅費を払う、という財力を持つ家庭は、バブルのころと違って本当に限られていると思う。

ちなみに伊藤みどりちゃんは、わずか5才で初めて氷の上に立ったとき、少なく見積もっても全日本クラスの選手になりますから、私に任せてください、とコーチがお母さんに頼みにいって、ずいぶん幼いころからスポンサーがついていた。やはり彼女は歴史に残る天才少女なのだったが、あのころはお金を出してくれる企業もたくさんあったのだということだ。今とは違うのだった。

そんな悪条件の中でも、メダルへの最後の砦として健闘している女子フィギアは、だからたいしたものだと思うけれど、ほかのスポーツにもこんな不況の波が押し寄せて、選手の育成がままならなくなっているに違いないと思う。

ひとつもメダルが取れない日本と対象に、韓国がいくつか取っているのが印象的だった。
国力が落ちていっている国と、だんだんと経済力をつけていっている国の違いをみるような。。
やはりオリンピックは、国力を示す場であると思うのだった。

このままひとつもメダルが取れないと悲しいなあ。やっぱり。
株式市場の低迷や、国債の格付けとともに、なんだかますます国の力が衰えているのを思い知らされるようで。

24日。荒川選手はぜひがんばってもらいたいし、メダルはなくても、ミキティは是非是非、オリンピック史上で、女子で始めて4回転ジャンプを跳んだ選手として記録を残してほしいと思う。

それまで寝不足には目をつぶらなければ。
[PR]
by elly_mylove | 2006-02-22 22:26 | 日々のつぶやき