心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

異文化って本当に難しい

このところ立て続けに異文化体験をして、本当にこちらの人とお付き合いするのは難しいな、と実感している。
日本人はとても几帳面で緊張感のある国民性で、この国の言葉でいえば、well-organaized peple なのだが、この国の人は正反対。
もちろん、一部の中東やアジアほどひどくはないだろうけれど、とにかく私の目からみると
disorganaize な人たちだ。
それに目くじらをたてていると自分が磨り減っていくので、普段は気にしないことにしているのだが、ごめんなさいって謝ってもらいたい時に言ってもらえないと、ものすごくストレスがたまってしまう。

今日もそういう出来事があった。

たいしたものではないのだけれど、中古で子供製品を買うことになっていて、受け取りに現金を用意して遠くの遠くのお家までドライブしていった。約束の時間にベルを鳴らすと、その家の人が出てきたので、「お約束の品物を受け取りにきました。どうもありがとうございます。」
といったら、
「私たちあれはやっぱり売らないでキープすることに決めたの。」と全然悪びれず言い放たれてしまった。
私はあっけにとられて、その人の顔をまじまじと見つめてしまった。
こういうときって、オーストラリア人ならなんと言うのだろう。
言葉が全然見つからないまま、もぐもぐと意味不明なことをつぶやいて、とにかくびっくり仰天したまま仕方がないのでその家をあとにしたのだけれど、こういうことって日本の社会で起こるだろうか。
起こりかねないかもしれないけれど、でも少なくとも、ごめんなさい、大変申し訳ないけれど、売れない事情ができてしまったので、お約束したのだけれど、なかったことにしてください、とかなんとか、とにかく事前にお詫びの連絡をいれて、丁寧にお断りをするはずだと思う。
最後まで、その人は私にたいしてソーリーとは言わなかった。
Say sorry!
と無理矢理言わせるべきだったのだろうか。全然悪びれない相手を見ていると、感覚の違いに腹が立つよりまずあっけにとられて、とにかく呆然とするしかなかった。

とにかく、物事が日本人には信じられないような展開に運ぶ事が多いのは慣れていたのだが、帰国直前になってこういうことが立て続けに起きるのは、日本に帰ることを少しでも心理的に楽にするように計らった神様の思し召しなのだろうか。

少し疲れたのかな。このごろちょっと頑張りすぎたかもしれない。
夏を前にして、ペースダウンして調整したほうがいいのかもしれない。

最後の思い出をいやなものにしたくないもの。
[PR]
by elly_mylove | 2004-11-27 21:52 | 日々のつぶやき