心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記です。


by elly_mylove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

筋肉に新しいビジネスチャンスを。

ここ1年くらいでしょうか。
お肌の衰えが激しくて、やっぱりもう年だなあ。とため息をつきながら鏡を見る事が多くなりました。
もうお化粧品では隠せない老化に、最近何とかしたいなあと思いつつ、見るともなしに美容整形のHPをネットサーフィンする事が多くなって、気がついたのですが・・・。

骨ばかりに注目している整形外科の先生が、筋肉に注目してくださる新しいビジネスチャンスが、もしかしたら美容整形にヒントがあるかもしれないな。なんてぼんやり思っています。



いまどきの美容整形ってほんと、その技術革新のすごさは目を見張るようなものがありますね。
何しろあの分野はきれいになることが目的で、自由診療ですから、極端に言えば手術法も治療法も、医師には独創的なやり方が許されていて、かつ結果に関しては自己責任。
エビデンスもへったくれもなく、結果オーライです。だから、何でもありなのですが、最近おおはやりの施術が、再生医療の分野なんですね。

たとえばPRP皮膚再生療法。
しみとかしわとか、老化が気になる部分(たとえば目の下のしわとか)に、自分の血液から血小板を抽出して、注射する療法です。そうすると、体はその部分を、「怪我をした」と認知して、治そう治そうとするシステムが動き出します。血小板には若返りに使われる成長因子という成分もあるそうで、注射をした部分が若返って美しくなるのだそうです。
モニターの方の写真は、まるで手術でもしたかのように若返っていました。

ふと、ここで疑問。これって、筋肉の治療には応用できないのかしらん?

注射を皮下ではなくて、筋肉の中にしたら、その部分の筋肉は修復されて若返らないのかしら?

もうひとつ。豊胸手術の分野では、自分の体の脂肪をおしりから胸に移植する技術もとってもたくさんやられています。これなんかも、筋細胞ではできないのかしらん?
手術跡などの固く萎縮してしまった腰などの筋肉に、差しさわりのないところから健康な筋肉細胞を移植するとか、そんな技術ってできないのでしょうか。確か腱とか、靭帯とかはそういう手術があったと思うのですが・・・。

整形の先生方に、筋肉の治療がまったく広まらないことの背景には、それがぜんぜんビジネスにならないということもあるのだと思うのです。
レントゲンやMRIなどの高価な治療と比べて、今現在ある筋肉のリハビリは、ほんとに数百円のオーダーで、取り組んでも見返りが少なすぎる。
最先端の医療に従事しているという達成感もない。

でも、美容整形の分野で応用されている最先端再生医療の技術を見てみると、これってお肌だけじゃなくて筋肉にもきっと効果があるに違いない。と思われるような治療がたくさんあります。

筋肉の治療に新しいビジネスチャンスがあれば、参入してくれる先生方はきっとたくさんいるのじゃないかなあ。

代替医療に数百万円を投じて、医療難民になってしまっている痛み患者さんたちの中には、きっと実験台になってもいい。と思っている人もたくさんいると思うのだけど・・・。

筋肉に新しいビジネスチャンスを。

大学などの大きな研究機関で、そんな取り組みが始まるといいな。と願っています。
ささやかな患者の祈りです。
[PR]
by elly_mylove | 2009-01-21 00:57 | 痛みについて